第9回マクダーモット・インターナショナル
・ジャパン・セミナー
| バーチャル・エディション

9th McDermott International Japan Seminar | Virtual Event Series

2021年1月21日~2月4日 | January 21 – February 4, 2021

×

概要/ABOUT

×

セッション 1: バイデン政権下における通商政策の展望

SESSION 1: Trade Policy Outlook Under The Biden Administration

1月21日 (木) | Thursday, January 21
午前10時~11時 | 10:00 – 11:00am JST

米国の輸入制限による救済およびその他の通商措置

  • アンチ・ダンピング措置におけるサンセット・レビューおよび行政によるレビュー
    • 国際貿易委員会(ITC)によ
    • 米国関税法第 337 条に基づく措置
    • 米国通商代表部(USTR) による米国通商法第 301 条に基づく措置
  • 日本および他のアジア諸国との貿易協定
    • 米国の再合意の見通しは?
    • 最近の中国の動向は、米国の通商政策とどのように適合するか?
  • 対米外国投資委員会(CFIUS)、貿易管理および国家安全保障上の措置
    • 米国における外国投資に対する CFIUS の新しい審査状況
    • 米国の制裁措置および輸出管理が日本企業に与える影響
    • 米国通商拡大法第 232 条に基づく国家安全関税措置
  • US Import Relief and Other Trade Actions
    • Sunset Reviews and Administrative Reviews in Antidumping Cases
    • Section 337 Actions at the ITC
    • Section 301 Actions at USTR
  • US Trade Agreements with Japan and Rest of Asia
    • Prospects for US Reengagement?
    • How do recent moves by China fit in with US trade agenda?
  • CFIUS, Trade Controls and National Security Trade Actions
    • The new CFIUS environment for reviewing foreign investment in the United States
    • How US sanctions and export controls can impact Japanese companies
    • Section 232 national security tariff actions

講師 | Speakers:

ディーン・ピンカート (ワシントンDC) | Dean Pinkert (Washington, DC)
アラン・カシュダン  (ワシントンDC) | Alan Kashdan (Washington, DC)
デヴィッド・レヴィン  (ワシントンDC) | David Levine (Washington, DC)

セッション 2:強固な特許ポートフォリオの早急な構築に向けて

SESSION 2: Building Strong Patent Portfolios Quickly & Unlocking the Value of IP—Patent Monetization Strategies

1月22日 (金) | Friday, January 22
午前10時~11時 | 10:00 – 11:00am JST

強固な特許ポートフォリオの早急な構築に向けて

  • 特許審査ハイウェイ(PPH)および短期間でのグローバル特許申請
  • 将来の紛争に耐えうる強固な特許ポートフォリオ構築のため、請求の範囲の記載において取るべき戦略
  • プロセキューションにおけるコスト管理およびその他の効率性

IP の価値を引き出すには – 特許収益化戦略

  • 特許収益化戦略を通じたポートフォリオ価値の最大化
  • IP 関連取引の最近のトレンド
  • ライセンス、エンフォースメントおよび IP の売買による収益化プログラムの開発

Building Strong Patent Portfolios Quickly

  • Patent Prosecution Highways (PPH) and accelerated global patent filings
  • Claim drafting strategies to build a strong patent portfolio that can withstand potential litigation
  • Cost management and other efficiencies in prosecution

Unlocking the Value of IP—Patent Monetization Strategies

  • Maximizing the value of your portfolio through patent monetization strategies
  • Recent trends in IP-related transactions
  • Developing a monetization program via licensing, enforcement and IP asset sales

講師 | Speakers:

 アモール・パリク(シカゴ) | Amol Parikh (Chicago)
谷田睦樹 (ワシントンDC) Tom Tanida (Washington, DC)
斉藤卓 (ワシントンDC) | Takashi Saito (Washington, DC)

セッション 3:日本の企業および投資家のための米国ヘルスケアマーケット講座 – パート 1

SESSION 3: US Healthcare Market for Japanese Companies and Investors – Part I

1月26日 (火) | Tuesday, January 26
午前10時~11時 | 10:00 – 11:00am JST

パート 1 では、米国ヘルスケアマーケットの概要、規制を巡る課題および米国での投資参入または投資拡大に役立つポイントを、以下の内容を中心に解説する。

  • 米国におけるヘルスケアの概要
  • 保険者と医療機関のマーケット
  • 規制状況
  • 米国大統領選挙後の政治情勢がマーケットに与えうる影響
  • 日本の企業および投資家が米国のヘルスケアマーケットへ参入または拡大するための道筋と落とし穴

Part One of the series will provide an overview of the US healthcare market, regulatory challenges, and helpful tips on entering or expanding investments in the US. We will discuss:  

  • Overview of healthcare in the US
  • Payor and provider markets
  • Regulatory landscape
  • Potential impacts of the political landscape on the market after the US presidential election
  • Pathways and pitfalls for Japanese companies and investors to enter or expand into the US healthcare market

講師 | Speakers:

デール・ヴァン・デマーク(ワシントンDC) | Dale Van Demark (Washington, DC)
ポール・トンプソン (ワシントンDC) | Paul Thompson (Washington, DC)
マイケル・ライアン (ワシントンDC) | Michael Ryan (Washington, DC)
ジャイヤン・チェン (ワシントンDC) | Jiayan Chen (Washington, DC)

セッション 4:日本の企業および投資家のための米国ヘルスケアマーケット講座 – パート 2

SESSION 4: US Healthcare Market for Japanese Companies and Investors – Part II

1月27日 (水) | Wednesday, January 27
午前10時~11時 | 10:00 – 11:00am JST

パート 2 では、米国ヘルスケアマーケットに参入するための鍵となる事項について、実務的かつ現実に即した視点から、以下の内容を中心に概説する。

  • ヘルスケアサービスの提供に携わる企業が米国において直面する、米国特有の規制に関する問題ついてのケーススタディ
  • 重要なビジネス目標を危険に晒すことなく規制に関する問題に対処していくための、実務的・現実に即した観点からのアドバイス
  • 保険者、医療機関、ライフサイエンス企業、医療インフラ企業(電子カルテ、デベロッパー、その他のメーカーなど)および患者や消費者などの利害関係者に対する影響

Part Two will provide a practical, real-world discussion outlining key considerations for entering into the US healthcare market. We will:   

  • Work through case studies that illustrate the unique regulatory issues entities involved in the delivery of health care services face in the US
  • Provide real-world, practical advice to facilitate the navigation of regulatory issues without jeopardizing key business objectives
  • Explore implications for stakeholders such as payors, providers, life sciences companies, infrastructure providers (e.g., electronic health records, developers, other vendors), and patients and consumers

講師 | Speakers:

デール・ヴァン・デマーク(ワシントンDC) | Dale Van Demark (Washington, DC)
マイケル・ライアン (ワシントンDC) | Michael Ryan (Washington, DC)
ジャイヤン・チェン (ワシントンDC) | Jiayan Chen (Washington, DC)

SESSION 5: Developments in Global Data Privacy and Cybersecurity

セッション 5: 国際データプライバシーおよびサイバーセキュリティの進展

1月28日 (木) | Thursday, January 28
午前10時~11時 | 10:00 – 11:00am JST

  • Schrems II 判決後の 欧州経済領域(EEA) からの個人データ移転
    • Schrems II 判決の射程:越境移転に関する GDPR 規則との関係について
    • Schrems II 判決が日本のビジネスへ及ぼす影響
    • 移転影響評価を実施する際の実務上のポイント
  • CCPA、CPRA およびバイデン政権下における米国連邦プライバシー法成立の見通し
    •  カリフォルニア州が包括的なプライバシー法を制定
    •  バイデン政権下における米国連邦プライバシー法成立の見通し
    • 積極化するFTC のデータプライバシーおよびセキュリティプラクティスに対する調査および執行
  • ブレグジット後の英国のデータプライバシー
    • 英・EU間のデータプライバシーに対する ブレグジットの影響
    • 日英貿易協定のデータプライバシー的側面
    • グローバル移転に対する強固なメカニズムの発展
  • 複数の管轄にまたがるデータ侵害のマネージメント
    •  規制当局のデータ侵害およびサイバーセキュリティに対する執行方針の分析検討
    • 日本企業のリスク・エクスポージャーの評価
    • 複数の管轄下でのデータ侵害およびサイバー攻撃に対処するための基本方針
  • Personal data transfers from the EEA post-Schrems II
    • Scope of Schrems II with regard to GDPR’s rules on cross border transfer
    • Implications of Schrems II on Japanese businesses
    • Practical tips on how running a Transfer Impact Assessment
  • CCPA, CPRA and prospects for a US federal privacy law under the Biden administration
    • California enacts comprehensive privacy law
    • Prospects for US federal privacy law under Biden Administration
    • FTC increasingly aggressive investigation and enforcement of data privacy and security practices
  • UK data privacy after Brexit
    • Implications of Brexit on EU-UK data privacy
    • Data privacy aspects of the UK-Japan Trade Deal
    • Developing robust mechanisms for global transfers
    • Management of multi-jurisdictional data breaches
    • Scrutiny on Regulators’ data breach and cybersecurity enforcement policies
    • Assessment of risk exposure for Japanese businesses
    • Action plan to handle multi-jurisdictional data breaches and cyber attacks

講師 | Speakers:

マイク・モーガン (ロサンゼルス) | Michael G. Morgan (Los Angeles)
ロマン・ペレイ(パリ) | Romain Perray (Paris)
シャロン・ラム (ロンドン) | Sharon Lamb (London)

セッション 6:新時代におけるエンフォースメントおよびコンプライアンスを考える

SESSION 6: Enforcement and Compliance Considerations in a New Era

2月2日 (火) | Tuesday, February 2
午前10時~11時 | 10:00 – 11:00am JST

  • 2021 年、そしてその先の国際的な執行について何が予想されるか
    • 反トラストおよび 海外腐敗行為防止法(FCPA) の調査への継続的な注力
    • 犯罪捜査および規制違反の調査への国際協力の高まり
    • 協力および不当利益吐き出しに関する論点
  • 備えるために今できることは何か
    • DOJ による近時のコンプライアンス指針の改訂
    • どのように効果的なコンプライアンスプログラムを構築し実施するか
  • もし不正行為を発見したらどうするか
    • グローバルな感染拡大の中で、内部調査として「すべきこと」と「してはならないこと」
    • 米国の自己開示手続きの傾向を有利に活用するには
  • What to expect in global enforcement in 2021 and beyond
    • Ongoing focus on antitrust and FCPA investigations
    • Increased international cooperation in criminal and regulatory investigations
    • Issues with cooperation and disgorgement
  • What you can do to prepare now
    • DOJ’s recently updated Compliance Guidance
    • How to build and implement an effective compliance program
  • What to do if you find misconduct
    • The do’s and don’t’s of internal investigations during a global pandemic
    • How to take advantage of the US self-disclosure trend

講師 | Speakers:

ポール・トンプソン (ワシントンDC) | Paul Thompson (Washington, DC)
サラ・ウォルターズ (ボストン) | Sarah Walters (Boston)
ケイトリン・キャンベル (ボストン) | Caitlyn Campbell (Boston)

セッション 7: ヨーロッパ:ブレグジットFRAND

Session 7: Europe: Brexit and FRAND

2月3日(水) | Wednesday, February 3
午前10時~11時 | 10:00 – 11:00am JST

ブレグジット:知的財産法への影響

  • ブレグジット後の欧州における知的財産権はどうなるか
  • ライセンスは引き続き有効か
  • 欧州における単一特許制度の将来は

FRAND: 最新の状況

  • 背景:オレンジブック事件とHuawei vs ZTE 事件
  • FRAND ライセンスの交渉プロセス
  • 国境を越えたハーモナイゼーション:英国およびドイツ裁判所の新たな判決

Brexit: intellectual property law implications

  • What happens to intellectual property rights in Europe after Brexit?
  • Will licenses remain in force?
  • What is the future of the unitary patent system in Europe?

FRAND: latest developments

  • Background: Orange Book and Huawei vs ZTE
  • The negotiating process for FRAND licenses
  • Cross-border harmonisation: New rulings by UK and German courts

講師 | Speakers:

Dr. ボリス・ウプホフ (ミュンヘン) | Dr. Boris Uphoff (Munich)
Dr. リチャード・グラベナ  (ミュンヘン) | Dr. Richard Gräbener  (Munich)

セッション 8: コロナ禍およびその後における国際 M&A への案内 – 日本の投資家に向けて

SESSION 8: Navigating International M&A Opportunities for Japanese Investors During COVID-19 and Beyond

2月4日 (木) | Thursday, February 4
午前10時~11時 | 10:00 – 11:00am JST

  • クロスボーダーM&Aにおける 取引条項のトレンド: COVID-19 から得られた将来の取引へ向けた教訓および新たな裁判例がM&A 契約におけるリスク分担条項の作成に与える影響
  • クロスボーダー取引と国家介入:外国投資のスクリーニングと契約書の作成
  • クロスボーダー取引における企業結合規制および反トラストの展開

 

  • Trends in cross-border M&A deal terms: lessons from COVID-19 for future deal making and the effect of new court decisions on drafting risk allocation provisions in M&A agreements
  • Cross-border transactions and state intervention: foreign investment screening and drafting of contractual documentation
  • Merger control and antitrust developments in cross-border transactions

司会 | Moderator:

ジャック・ビュアール(パリ/ブリュッセル)| Jacques Buhart (Paris/Brussels) 

講師 | Speakers:

トーマス・サワーミルチ (ニューヨークオフィス) | Thomas Sauermilch (New York)
ニコラ・ラフォン (パリ) | Nicolas Lafont (Paris)
ヘンドリク・フィアーネ (ブリュッセル) | Hendrik Viaene (Brussels)
グレッグ・ヘルザ (ワシントンDC)  | Greg Heltzer (Washington, DC)

講師 | Speakers

ジャック・ビュアール
Jacques Buhart
パートナー | パリ/ブリュッセル
Partner | Paris/Brussels

ケイトリン・キャンベル | Caitlyn Campbell
パートナー | ボストン
Partner | Boston

ジャイヤン・チェン
Jiayan Chen
パートナー | ワシントンDC
Partner | Washington, DC

グレッグ・ヘルザー
Gregory E. Heltzer

パートナー | ワシントンDC
Partner | Washington, DC

ニコラ・ラフォン
Nicolas Lafont
パートナー | パリ
Partner | Paris

シャロン・ラム
Sharon Lamb
パートナー | ロンドン
Partner | London

マイク・モーガン
Michael G. Morgan 
パートナー | ロサンゼルス
Partner | Los Angeles

 アモール・パリク
Amol Parikh

パートナー | シカゴ
Partner | Chicago

ロマン・ペレイ
Romain Perray

パートナー | パリ
Partner | Paris

マイケル・ライアン 
Michael W. Ryan

パートナー | ワシントンDC
Partner | Washington, DC

斉藤卓
Takashi Saito

パートナー | ワシントンDC
Partner | Washington, DC

トーマス・サワーミルチ
Thomas Sauermilch

パートナー | ニューヨーク
Partner | New York

谷田睦樹
Tom Tanida
パートナー | ワシントンDC
Partner | Washington, DC

ポール・トンプソン
Paul M. Thompson

パートナー | ワシントンDC
Partner | Washington, DC

Dr. ボリス・ウプホフ
Dr. Boris Uphoff

パートナー | ミュンヘン
Partner | Munich

デール・ヴァン・デマーク
Dale C. Van Demark

パートナー | ワシントンDC
Partner | Washington, DC

ヘンドリク・フィアーネ
Hendrik Viaene
パートナー | ブリュッセル
Partner | Brussels

サラ・ウォルターズ 
Sarah E. Walters

パートナー| ボストン
Partner | Boston

ディーン・ピンカート
Dean A. Pinkert

シニアカウンセル | ワシントンDC
Senior Counsel | Washington, DC

アラン・カシュダン
Alan Kashdan

カウンセル | ワシントンDC
Counsel | Washington, DC

 

デヴィッド・レヴィン
David Levine
パートナー | ワシントンDC
Counsel | Washington, DC

Dr. リチャード・グラベナ
Dr. Richard Gräbener

アソシエイト | ミュンヘン
Associate | Munich

MCDERMOTT情報 MCDERMOTT UPDATES

2020 マクダーモット・インターナショナル・セミナーin Tokyo & Osaka

 2020 McDermott International Seminar in Osaka and Tokyo 

 

 

XING


Related Site:     McDermott+ Consulting

Attorney Advertising ©2020 McDermott Will & Emery