2021年ジャパン・ウェビナー・シリーズ

(5-6月)

Japan Webinar Series | May-June 2021

2021年5月20日(木)~6月3日(木)
May 20 – June 3, 2021

概要/ABOUT

この度マクダーモットは、世界の最新法律情報を日本企業の皆様にご提供するため、2021年5月20日(木)から6月3日(木)にわたり、ジャパン・ウェビナー・シリーズを開催いたします。

このウェビナーシリーズでは、米国の通商政策、国境を越えた独禁法の動向、コンプライアンスと米司法省の刑事執行及びグローバルな内部調査に関し、バイデン政権の次の100日間において日本企業の皆様が特に知っておくべき事項に焦点を当てて解説いたします。

講師として、元米国際貿易委員会委員のディーン・ピンカート弁護士、元米司法省反トラスト刑事局公判検事のジャスティン・マーフィー弁護士、元ロサンゼルス連邦検事補のジュリアン・アンドレ弁護士を含む、パリ、ブリュッセル、シカゴ、ボストン、ワシントンDCオフィスの弊所パートナーが参加いたします。

マクダーモットのパートナー弁護士から米国及びヨーロッパの最新法律情報を得る絶好の機会ですので、是非ご参加ください。

McDermott is committed to provide insightful legal developments around the world to our Japanese clients. In light of that effort, Japan Webinar Series will be held between Thursday, May 20 – Thursday, June 3, 2021.

This webinar series will explore US trade policy, global antitrust developments, compliance and enforcements and global internal investigations, with a significant focus on what Japanese companies can expect from the next 100 days of the Biden Administration.

Our McDermott panelists include Dean Pinkert, a former commissioner of the US International Trade Commission and Justin Murphy, a former trial attorney for the Department of Justice (DOJ)’s Criminal Antitrust Division, Julian Andre, a former Assistant US Attorney in Los Angeles, and other partners from our Paris, Brussels, Chicago, Boston and Washington, DC offices.

Join us for what promises to be an engaging series as we dig into the issues at hand and highlight what to consider next for your business.

ウェビナースケジュール|Sessions include:

  • セッション 1 : グローバルな反トラスト法の動向 | Session 1: Global Antitrust Developments (詳細 | Overview)
  • セッション 2:コンプライアンス | Session 2: Compliance (詳細 | Overview)
  • セッション 3:グローバルな内部調査 | Session 3: Global Internal Investigations (詳細 | Overview)
  • セッション 4:米国通商政策の展望 | Session 4: Trade Policy Outlook (詳細 | Overview)

申し込み・参加について | Important Notes:

  • ウェビナーは全て参加無料です。| There is no fee to participate any sessions.
  • ウェビナー参加には事前登録が必須です。| Registration is required to attend sessions.
  • ウェビナーのプログラム内容や講師は、予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。| Our program and speakers are subject to change without notice.
  • ウェビナーは英語で行われ、ウェビナー資料は日本語で提供されます。| Presentations will be given in English with Japanese translations supplied.
×

×

セッション 1: グローバルな反トラスト法の動向

SESSION 1: Global Antitrust Developments

5月20日(木)| Thursday, May 20
午前11:00~午後12:00(日本時間) | 11:00 am – 12:00 pm JST

グローバルな反トラスト法の動向

  • 米司法省反トラスト局の執行に関する最新情報
    • 現状の執行状況と重視される産業
    • 米国内外で増加が見込まれる反トラスト局による刑事執行
    • 調達共謀対策本部(PCSF)、「談合の兆候」及び新たなグローバルPCSFの活動拡大
  • 反トラスト法における法律上の動き
    • 支配的企業に対する合併審査
    • 支配的企業による排除的行為に対する訴訟負担の変化
    • 内部告発者保護の新たな強化案
  • 消費者保護
    • 種々の規制及びガイドラインのための連邦取引委員会のパブリックコメント期間に関する最新情報
    • 連邦取引委員会の優先事項:広告表示、ソーシャルメディア、サブスクリプションサービス、子供のオンラインプライバシー保護規則(COPPA)
    • 各州の司法長官及び全米広告審査局(NAD)に関する最新情報
  • EU 競争法の執行に関する新たな動向
    • これまで通報できなかった取引に対する欧州委員会の対処及び審査 – アプローチの180度転換
    • 公共調達及び談合に対する欧州委員会および各国の競争当局の新たな注視
    • 「欧州グリーンディール」が競争法の執行に与える影響
    • IT企業に対する欧州委員会の継続的な監視の目
  • DOJ’s Antitrust Division Enforcement Updates
    • Current enforcement and industry priorities
    • The DOJ’s Antitrust Division criminal enforcement to increase on domestic and international stage
    • The Procurement Collusion Strike Force (PCSF), “red flags of collusion,” and new global PCSF expansion
  • Legislative Developments in Antitrust
    • Merger enforcement against dominant firms
    • Shifting litigation burdens for exclusionary conduct by dominant firms
    • Recent and proposed enhancements to whistleblower protections
  • Consumer Protection
    • Update on Federal Trade Commission public comment period for various regulations and guidelines
    • Federal Trade Commission priorities: Advertising claims, social media, subscription services and Children’s Online Privacy Protection Rule (COPPA)
    • Update on state attorney general and National Advertising Division (NAD)
  • EU Competition Enforcement Developments
    • Commission will go after and review certain transactions that are not reportable – a 180° change in approach
    • Public procurement & collusion will receive renewed attention from the European Commission and national competition authorities
    • The European Union Green Deal and impact on antitrust enforcement
    • Commission continues to scrutinize tech industry

司会 | Moderator:

ジャック・ビュアール (パリ/ブリュッセル) | Jacques Buhart (Paris/Brussels)

講師 | Speakers:

レスリー・エスポジート(ワシントンDC) | Lesli Esposito (Washington, DC)
ジャスティン・マーフィー(ワシントンDC)| Justin Murphy (Washington, DC)
ステファン・ウー(シカゴ)| Stephen Wu (Chicago)
ヘンドリック・フィアーネ(ブリュッセル)| Hendrik Viaene (Brussels)

セッション2: コンプライアンス: 米司法省は企業のコンプライアンスプログラムをどう見ているか – 企業がとるべき対策は?

SESSION 2: Compliance: How Will the United States DOJ View Your Compliance Program, and Why You Should Care

5月27日 (木) | Thursday, May 27
午前11時~午後12時 | 11:00 – 12:00 JST
  • バイデン政権発足100日: 司法省の執行の新たな優先順位
    • 国境を越えた捜査と国際司法協力への注力
    • テクノロジー、金融サービス、労働市場、建設、エネルギー、調達、ヘルスケア、 暗号通貨の重視
    • 司法省はデータをどのように活用しているか
    • 2020年反資金洗浄法の影響
    • 刑事訴訟と民事訴訟を並行して行うことの重要性
  • 企業のコンプライアンスプログラムにおいてこれが何を意味するか
    • カギとなる材料
    • どのようにデータを活用するか
  • 司法省は実際の事件でコンプライアンスプログラムをどのように使っているか
    • コンプライアンスに関するガイダンスで挙げられた要素の重要性
    • 最近の刑事上の和解事案の検討を含むケーススタディ
  • リスク最小化のために今準備できることは?
  • The First 100 days: DOJ’s New Enforcement Priorities
    • A focus on global investigations and international cooperation
    • A focus on technology, financial services, labor markets, construction, energy, procurement, healthcare, and cryptocurrency
    • How DOJ intends to use data
    • Impact of the Anti-Money Laundering Act of 2020
    • Emphasis on parallel criminal and civil actions
  • What This Means for Your Compliance Program
    • Key components
    • How to use data
  • How DOJ Uses Compliance Programs in Real Cases
    • Importance of certain compliance guidance factors
    • Case study examples, including review of recent public settlements
  • What You Can Do to Prepare Now and Minimize Risk?

講師 | Speakers:

 ポール・トンプソン (ワシントンDC) | Paul Thompson (Washington, DC)
ジャスティン・マーフィー(ワシントンDC) | Justin Murphy (Washington, DC)
ジュリアン・アンドレ (ロサンジェルス) | Julian Andre (Los Angeles)

セッション3:グローバルな内部調査

Session 3: Global Internal Investigation

6月1日 (火) | Tuesday, June 1
午前11時~午後12時 | 11:00 – 12:00 JST

  • いつ内部調査を始めるか
    • 引き金となるイベント
    • どのように調査計画を構成するか
      • 社内担当者の役割
      • 社外担当者の役割
      • 取締役会の役割
  • グローバルな内部調査の特殊事情
    • 複数の法域にある文書
    • 異なる/矛盾することのある法律要件への対応
    • 弁護士・クライアント間の秘匿特権の役割
  • 内部調査実施のためのベストプラクティス
    • 文書の保存
    • 参考人に対するインタビュー
    • 従業員及び会社幹部とのコミュニケーション
    • 報告書を作成すべきかどうか
  • 不正行為を発見したらどうするか
    • 自己申告するかどうか
    • コンプライアス対応
  • 政府は企業の内部調査をどのように見ているか
    • 内部調査が役立つ場合とそうでない場合
    • 徹底した調査により、
      • 政府との問題解決を早められるか?
      • 訴追を防げるか?
      • 制裁や罰金を軽減できるか?
  • When to Start an Internal Investigation
    • Triggering events
    • How to structure the investigation, including the roles of:
      • Company counsel
      • Outside counsel
      • The Board
  • Special Concerns for Global Investigations
    • Documents in multiple jurisdictions
    • The role of different/sometimes conflicting legal requirements
    • The role of the attorney-client privilege
  • Best Practices for Conducting an Internal Investigation
    • Document Preservation
    • Witness interviews
    • Communications with employees and company leadership
    • Whether to prepare a written report
  • What To Do If You Uncover Wrongdoing
    • Self-report or not?
    • Compliance response
  • How the Government May View Your Investigation
    • When your investigation may help and when it may not
    • Can a thorough investigation help:
      • Speed up resolution with the government?
      • Deter prosecution?
      • Reduce penalties and fines?

講師 | Speakers:

ポール・トンプソン (ワシントンDC) | Paul Thompson (Washington, DC)
ケンジ・プライス(ワシントンDC) | Kenji Price (Washington, DC)
サラ・ウォルターズ(ボストン)| Sara Walters (Boston)
アレキシス・ヴァ―ル(パリ)| Alexis Werl (Paris)

セッション4:米国通商政策の展望

Session 4: Trade Policy Outlook

6月3日 (木) | Thursday, June 3
午前11時~午後12時 | 11:00 – 12:00 JST
  • キャサリン・タイ通商代表の執行方針と政府でのキャリア及び民主党議員の通商政策に対する見方
  • 見え始めた通商法201条、232条、301条等の救済規定に対するバイデン政権の姿勢
  • 注目すべき関税法337条に関する重要問題のケーススタディ
  • バイデン政権の 「バイ・アメリカン」政策と、米国政府調達及び日本に与える影響
  • US Trade Representative Katherine Tai’s background in trade enforcement and on Capitol Hill, and how Capitol Hill Democrats tend to view trade policy
  • Early indications of how the Biden Administration will approach such remedial provisions as Section 201, Section 232, and Section 301
  • Case study on high-profile Section 337 matter
  • The Biden Administration approach to “Buy America,” and how it might affect US Government procurement and Japan

講師 | Speakers:

ディーン・ピンカート(ワシントンDC) | Dean Pinkert (Washington, DC)
アラン・カシュダン (ワシントンDC) | Alan Kashdan (Washington, DC)

講師 | Speakers

ジュリアン・アンドレ
Julian Andre
パートナー | ロサンゼルス
Partner | Los Angeles

ジャック・ビュアール
Jacques Buhart
パートナー | パリ/ブリュッセル
Partner | Paris/Brussels

レスリー・エスポジート
Lesli Esposito
パートナー | ワシントンDC
Partner | Washington, DC

アラン・カシュダン
Alan Kashdan

カウンセル | ワシントンDC
Counsel | Washington, DC

ジャスティン・マーフィー
Justin Murphy
パートナー | ワシントンDC
Partner | Washington, DC

ディーン・ピンカー
Dean Pinkert
シニアカウンセル | ワシントンDC
Senior Counsel | Washington, DC

ケンジ・プライス
Kenji Price 

パートナー | ワシントンDC
Partner | Washington, DC

ポール・トンプソン
Paul M. Thompson

パートナー | ワシントンDC
Partner | Washington, DC

ヘンドリク・フィアーネ
Hendrik Viaene
パートナー | ブリュッセル
Partner | Brussels

サラ・ウォルターズ 
Sarah E. Walters

パートナー| ボストン
Partner | Boston

アレキシス・ヴァ―ル
Alexis Werl

パートナー | パリ
Partner | Paris

ステファン・ウー
Stephen Wu

パートナー | シカゴ
Partner | Chicago

MCDERMOTT情報 MCDERMOTT UPDATES

2020 マクダーモット・インターナショナル・セミナーin Tokyo & Osaka

 2020 McDermott International Seminar in Osaka and Tokyo 

 

 

国際法務ハイライト

McDermott International Legal Highlights

英語 | English
日本語 | Japanese

XING


Related Site:     McDermott+ Consulting

Attorney Advertising ©2020 McDermott Will & Emery